メニューを開く 検索を開く ログイン

がん細胞の保護に関わる遺伝子IER5発見

新たな分子標的薬の創出に道

 2016年01月25日 07:10
プッシュ通知を受取る

 がん細胞は常に低酸素や栄養不足などのストレスにさらされているが,多様な機能によって,生存や増殖を図っている。転写活性化因子であるHSF1を活性化し,他の蛋白質を修復する蛋白質であるHSP(ヒートショックプロテイン)を誘導することも,がん細胞がストレスから回復するために有する機能(図1)の1つである。国立がん研究センター研究所希少がん研究分野主任研究員の大木理恵子氏らの研究グループは,このHSF1と結合してHSPを誘導するIER5を発見し,Scientific Reports2016年1月12日オンライン版)で報告した。同遺伝子を分子標的として阻害することで,がんを抑制できる可能性がある。

図1.正常細胞およびがん細胞におけるストレス応答

(大木理恵子氏提供)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  基礎医学 »  がん細胞の保護に関わる遺伝子IER5発見