メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

小児がん生存者の長期生命予後は?

 2016年01月26日 07:00
プッシュ通知を受取る

 1970〜80年代には,小児がんの診断後5年生存できた患者でも,18%がその後25年以内に死亡していた。一方,近年のがん治療は,長期予後の改善も目標としたものになってきている。米・St. Jude Children's Research HospitalのGregory T. Armstrong氏らは,1970〜99年に治療を開始した小児がん患者で5年以上生存した約3万4,000例を中央値で21年間追跡。その結果,15年死亡率は1970年代前半と比べ90年代には半減していることが分かった。また,治療法の変化により,がん治療の遅発的影響が軽減されたことが死亡率低下に寄与していることも示された。詳細はN Engl J Med2016年1月13日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  小児がん生存者の長期生命予後は?

error in template: found but mtif was expected