メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  小児がん生存者の長期生命予後は?

小児がん生存者の長期生命予後は?

 2016年01月26日 07:00

 1970〜80年代には,小児がんの診断後5年生存できた患者でも,18%がその後25年以内に死亡していた。一方,近年のがん治療は,長期予後の改善も目標としたものになってきている。米・St. Jude Children's Research HospitalのGregory T. Armstrong氏らは,1970〜99年に治療を開始した小児がん患者で5年以上生存した約3万4,000例を中央値で21年間追跡。その結果,15年死亡率は1970年代前半と比べ90年代には半減していることが分かった。また,治療法の変化により,がん治療の遅発的影響が軽減されたことが死亡率低下に寄与していることも示された。詳細はN Engl J Med2016年1月13日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  小児がん生存者の長期生命予後は?

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10038287 有効期限:10月末まで