メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  車の運転中止で高齢者の抑うつが2倍

車の運転中止で高齢者の抑うつが2倍

システマチックレビュー

 2016年01月26日 14:00

 社会の高齢化に伴い,高齢者の自動車運転に関する問題が注目されている。日本では2014年から施行の改正道路交通法で,医師による認知症患者への自動車運転の中止に関する説明や当局への任意の届け出制度などが始まっている。米Columbia University Medical CenterのStanford Chihuri氏らは,高齢(55歳以上と定義)運転者の自動車運転中止による健康影響を検討した報告のシステマチックレビューを実施。運転中止例の非中止例に対する抑うつ症状のオッズ比が約2倍に上ることなどを報告した(J Am Geriatr Soc 2016年1月19日オンライン版)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  車の運転中止で高齢者の抑うつが2倍

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10038293 有効期限:10月末まで