メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  肥満症の外科治療で糖尿病の95%が改善

肥満症の外科治療で糖尿病の95%が改善

日本肥満症治療学会データベースから

 2016年01月27日 07:05
プッシュ通知を受取る

 肥満症に対する外科治療は1950年代から始まり,2013年には世界で約47万例が施行されたが,日本での術数は2014年で200例超にとどまっている。日本肥満症治療学会では,設立時の2008年から外科症例全国登録が開始された。東邦大学医療センター佐倉病院外科教授の岡住慎一氏は,同学会データベースの解析結果について,減量効果と安全性,有効性が確認され,特に糖尿病の改善率が95.4%と高いことが示されたと第50回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会(1月16~17日,会長=東京医科大学糖尿病・代謝・内分泌・リウマチ・膠原病内科学主任教授・小田原雅人氏)のシンポジウム「肥満症の内科・外科治療」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

どこまで広がる?! 医学部入試の得点操作問題

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  肥満症の外科治療で糖尿病の95%が改善

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10038289 有効期限:10月末まで