メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ワーク・ライフ »  医師は自分の終末期の積極治療に後ろ向き

医師は自分の終末期の積極治療に後ろ向き

米・医療保険DBの後ろ向き研究

 2016年01月27日 07:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 自分が死亡する半年前に,手術や集中治療室(ICU)入室といった積極治療を受けていた医師の割合は,一般人口での割合に比べ低いとの結果が,米・Brigham and Women's HospitalのJoel Weissman氏らにより報告された(JAMA 2016; 315: 303-305)。同氏らは「医師は終末期の積極治療に限界があると考えていることが裏付けられた」と述べている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ワーク・ライフ »  医師は自分の終末期の積極治療に後ろ向き

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12038295 有効期限:12月末まで