メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  先生,その抗菌薬投与,適切ですか

先生,その抗菌薬投与,適切ですか

急性気道感染症への処方見直しを

 2016年01月28日 07:00

 米国では成人外来患者に対する抗菌薬処方件数が年間1億件を上回っており,その約4割が呼吸器感染症に対するものとされている。中でも患者の医療機関受診理由として最も多い急性気道感染症(ARTI:肺炎などの合併症を伴わない急性気管支炎,咽頭炎,鼻副鼻腔炎,かぜ症候群)への抗菌薬不適切投与は珍しくなく,抗菌薬耐性発現の温床となり公衆衛生上の脅威となっている。こうした現状を踏まえ,米疾病対策センター(CDC)と米国内科学会(ACP)は合同で成人ARTI患者に対する抗菌薬の適正使用に関する臨床ガイドラインを策定し公表(Ann Intern Med 2016年1月19日オンライン版)。合併症を伴わない急性気管支炎やかぜ症候群に対する抗菌薬投与を控えるよう強く呼びかけた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ランキング

  1. 1

    世界の食事摂取基準を変える!新研究

  2. 2

    日本人での血漿ケトン体の変動は?

  3. 3

    昼寝の習慣がある人はMetS有病率が高い

  4. 4

    糖尿病患者は肝がん死亡率が高い

  5. 5

    世界的な認知症危機に緊急の対策を

  6. 6

    FDA、がん治療にバイオシミラーMvasiを初承認

  7. 7

    スタチン治療適格基準患者はがん高リスク

  8. 8

    エンパグリフロジンで急性腎障害の増加認めず

  9. 9

    日本発、糖尿病の多因子介入で新エビデンス

  10. 10

    FDA、ケイキサレートに安全性情報を発出

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    第一選択薬はメトホルミンか、GLP-1薬か

  2. 2

    マクロライドの光と影

  3. 3

    「抗炎症作用のみの薬剤」で動脈硬化予防

  4. 4

    片頭痛は前駆期にトリプタン系薬を開始、制吐薬を併用せよ!

  5. 5

    宮岡等氏がメンタル問題への対応を辛口批評

  6. 6

    カフェイン摂取でアナフィラキシー

  7. 7

    【寄稿】日本人に多い膵・胆管合流異常

  8. 8

    SGLT1+SGLT2阻害薬でHbA1cを改善

  9. 9

    日本発、糖尿病の多因子介入で新エビデンス

  10. 10

    <第17回>ADLなどに関係なく問題となる「高齢者の便秘」

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  先生,その抗菌薬投与,適切ですか

無料会員登録で、記事が全文閲覧できます。

記事を読めば読むほどCapが貯まる貯めたCapで豪華商品プレゼントに応募!

アンケート調査にご協力いただくと謝礼をお支払い※謝礼が発生しないアンケートもございます

下記キャンペーンコードを登録時にご利用頂くと
1,000ポイントを進呈いたします。※医師会員のみ(既に登録済みの会員は対象外)

コード:P09038299有効期限:9月末まで