メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  若年のBMI高値は糖尿病発症がより深刻

若年のBMI高値は糖尿病発症がより深刻

第19回日本病態栄養学会

 2016年01月29日 07:10
プッシュ通知を受取る

 昨年(2015年)厚生労働省は,「日本人の食事摂取基準」における摂取エネルギーの指標を,従来のカロリーからBMIに変更した。同基準策定検討会委員を務めた新潟大学大学院血液・内分泌・代謝内科学講座教授の曽根博仁氏らは,肥満に伴う糖尿病発症リスクについてメタ解析を実施。若年層でのBMI高値は,中年層での高値例や現在の体重変化に比べて,糖尿病発症リスクがより高いという結果を,第19回日本病態栄養学会年次学術集会(1月9~10日,会長=女子栄養大学栄養学部教授・本田佳子氏)のパネルディスカッション「2015年食事摂取基準―臨床における活用の是非」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

長引く千葉県の停電、責任はどこに

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  若年のBMI高値は糖尿病発症がより深刻

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P09038300 有効期限:9月末まで