メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  AMED主導で成人先天性心疾患患者DBを構築中

AMED主導で成人先天性心疾患患者DBを構築中

移行医療での有用性に期待

 2016年02月01日 14:15
プッシュ通知を受取る

白石公氏  小児科と内科が連携して先天性心疾患患者の円滑な移行医療を実現するためには,小児期から成人期までの長期にわたる診療情報を多施設で共有する必要がある。国立循環器病研究センター小児循環器・周産期部門長の白石公氏は,日本医療研究開発機構(AMED)の2015年度事業の一環として行っている先天性心疾患患者診療情報データベース構築の進捗状況を,第18回日本成人先天性心疾患学会総会・学術集会(1月16〜17日,会長=国立循環器病研究センター小児心臓外科部長・市川肇氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪・パラリンピックのマスコット名が 『ミライトワ』、『ソメイティ』に決定。このネーミングは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  AMED主導で成人先天性心疾患患者DBを構築中

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07038297 有効期限:7月末まで