メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  控えるべき治療の議論も診療GLの課題

控えるべき治療の議論も診療GLの課題

2015年度厚生労働科究公開班会議

 2016年02月01日 15:30
プッシュ通知を受取る

 わが国の診療ガイドライン(GL)の役割と可能性について解説した京都大学大学院健康情報学分野教授の中山健夫氏は,GLでは優れた治療法を推奨するため治療が増えがちになることから,今後は費用効果(cost effectiveness)とともに,控えるべき治療の議論が必要であると指摘した。1月9日に東京都で開かれた2015年度厚生労働科学研究費補助金「社会的責任に応える医療の基盤となる診療ガイドラインの課題と可能性の研究」班(研究代表者=同氏)の公開班会議での発言。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日本のサマータイム導入の検討。どう考える?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  控えるべき治療の議論も診療GLの課題

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P08038316 有効期限:8月末まで