メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  間欠吸入ステロイドへのステップダウンは可能?

間欠吸入ステロイドへのステップダウンは可能?

小児喘息での減薬の道をさぐる

 2016年02月02日 10:00
プッシュ通知を受取る

 気管支喘息は,吸入ステロイド薬(ICS)の普及により喘息症状がコントロールしやすくなったが,低用量でもなお良好なコントロール状態を保っている患者をさらにステップダウンさせるにはどのような方法が適切なのだろうか。千葉大学大学院小児病態学の井上祐三朗氏は,第52回日本小児アレルギー学会(2015年11月21〜22日,会長=天理よろづ相談所病院小児科部長・南部光彦氏)のワークショップ「気管支喘息の長期管理薬〜どうする?! 薬の減らし方〜」で「通常よりも吸入回数を減らした"間欠ICS"は,期待が持てる治療だ」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今春導入された「妊婦加算」。背景に妊婦の診療を避けたがる医師心理?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  間欠吸入ステロイドへのステップダウンは可能?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09038331 有効期限:9月末まで