メニューを開く 検索を開く ログイン

ライソゾーム病は酵素補充療法で治療可能

希少・難治性疾患特集-1

 2016年02月03日 10:45
プッシュ通知を受取る

 ライソゾームは細胞内小器官の1つで,内部にライソゾーム酵素と呼ばれる多数の加水分解酵素があり,脂質,ムコ多糖,グリコーゲンなどの分解を行っている。ライソゾーム病とはライソゾーム酵素の1つが先天的に欠損することにより,特定の物質がライソゾーム内外に過剰蓄積することに起因する疾患である。酵素補充療法(ERT)によりQOLの改善が見込めるようになったことは大きな進歩だが,治療は早期発見が鍵を握る。ライソゾーム病のうちムコ多糖症とポンペ病を中心に,国立成育医療研究センター臨床検査部長,ライソゾーム病センター長の奥山虎之氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  ライソゾーム病は酵素補充療法で治療可能