メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  長期間の糖尿病ほど,高齢者海馬が萎縮

長期間の糖尿病ほど,高齢者海馬が萎縮

第26回日本疫学会学術総会

 2016年02月04日 07:00
プッシュ通知を受取る

 糖尿病がアルツハイマー病(AD)発症の危険因子であることは近年の疫学研究により明らかにされているが,糖尿病と海馬萎縮との関連についてはまだ一定の見解は得られていないという。九州大学大学院環境医学の平林直樹氏らは,地域高齢者の頭部MRI検査データを用いた検討を行い,「糖尿病は海馬萎縮の有意な危険因子であり,糖尿病の罹病期間が長いほど,また診断時期が早いほど海馬萎縮が進行しやすいと考えられる」と,第26回日本疫学会学術総会(1月21〜23日,学会長=鳥取大学健康政策医学分野教授・黒沢洋一氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  長期間の糖尿病ほど,高齢者海馬が萎縮

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06038338 有効期限:6月末まで