メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  改訂中のスポーツ頭部外傷提言に「小児」を追加

改訂中のスポーツ頭部外傷提言に「小児」を追加

 2016年02月04日 14:10
プッシュ通知を受取る

 脳震盪後症候群や高次機能障害との関連から,脳震盪などのスポーツ頭部外傷リスクへの認識が高まりつつある。しかし,小児のスポーツ頭部外傷の初期対応に当たる親などの認識は十分とはいえず,専門的な対応の遅れが重大な後遺症を招いている。現在,「スポーツ頭部外傷に関する提言」(日本脳神経外傷学会)が改訂中であるが,今回「小児に関する事項」が追加されることを,日本医科大学救急医学教室講師の荒木尚氏が,第21回日本脳神経外科救急学会(1月29~30日,会長=日本大学脳神経外科教授・平山晃康氏)のシンポジウム「スポーツ頭部外傷:最新の知見」で明らかにした。

  • 脳震盪後に出現する頭痛,めまい,抑うつ,集中力低下などの症状

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  改訂中のスポーツ頭部外傷提言に「小児」を追加

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10038355 有効期限:10月末まで