メニューを開く 検索を開く ログイン

飛行中の急病人に対応,日医とJALが提携

 2016年02月04日 18:00
プッシュ通知を受取る

 飛行機での移動中,「お客様の中にお医者様は...」という機内アナウンスに遭遇した読者はどれくらいの割合になるだろうか。日本航空(JAL)によると,年間のフライト数およそ1,000便(国内・国際線の合計)に対し,毎日ほぼ1件,年間で350~360件だという。日本医師会(日医)とJALは昨日(2016年2月3日),2014年から日医が運用を始めたカード型の医師資格証とJALマイレージバンクを利用した,「JAL DOCTOR登録制度」を開始すると発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  ワーク・ライフ »  飛行中の急病人に対応,日医とJALが提携