メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  日本人肺がんへのニボルマブ第Ⅱ相臨床試験

日本人肺がんへのニボルマブ第Ⅱ相臨床試験

 2016年02月05日 07:10
プッシュ通知を受取る

 免疫チェックポイント阻害薬のニボルマブ(商品名オプジーボ)は,国内で2014年7月に根治切除不能な悪性黒色腫に対する治療薬として承認され,切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん(NSCLC)に対する治療薬としても追加承認申請されている(2015年12月に承認)。近畿中央胸部疾患センター肺がん研究部長の安宅信二氏は,第56回日本肺癌学会学術集会(2015年11月26〜28日,会長=日本医科大学大学院呼吸器内科学分野主任教授・弦間昭彦氏)で日本人NSCLC患者に対するニボルマブの第Ⅱ相試験の結果を報告し,「ニボルマブの安全性と有効性は日本人でも確認された」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  日本人肺がんへのニボルマブ第Ⅱ相臨床試験

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02038354 有効期限:2月末まで