メニューを開く 検索を開く ログイン

日本人肺がんへのニボルマブ第Ⅱ相臨床試験

 2016年02月05日 07:10
プッシュ通知を受取る

 免疫チェックポイント阻害薬のニボルマブ(商品名オプジーボ)は,国内で2014年7月に根治切除不能な悪性黒色腫に対する治療薬として承認され,切除不能な進行・再発の非小細胞肺がん(NSCLC)に対する治療薬としても追加承認申請されている(2015年12月に承認)。近畿中央胸部疾患センター肺がん研究部長の安宅信二氏は,第56回日本肺癌学会学術集会(2015年11月26〜28日,会長=日本医科大学大学院呼吸器内科学分野主任教授・弦間昭彦氏)で日本人NSCLC患者に対するニボルマブの第Ⅱ相試験の結果を報告し,「ニボルマブの安全性と有効性は日本人でも確認された」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  日本人肺がんへのニボルマブ第Ⅱ相臨床試験