メニューを開く 検索を開く ログイン

東京都の"後期高齢者の併存症"が明らかに

外来レセプトデータ分析

 2016年02月08日 07:00
プッシュ通知を受取る

 東京都後期高齢者医療広域連合が東京都健康長寿医療センターに委託し行われた,東京都在住の後期高齢者の外来レセプトデータ分析から,基準疾患によって高齢患者に併存しやすい疾患の割合にばらつきが生じるなど,把握が困難とされる併存症の実態が明らかになった。同センター研究所研究部長の石崎達郎氏が,1月9日に東京都で開かれた「社会的責任に応える医療の基盤となる診療ガイドラインの課題と可能性の研究」班(研究代表=京都大学大学院健康管理学講座健康情報学分野教授・中山健夫氏)の公開班会議で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  東京都の"後期高齢者の併存症"が明らかに