メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

話題の「筋膜リリース」が糖尿病にも効果

身体活動量が17%増加,血糖値も改善  

 2016年02月08日 07:10
プッシュ通知を受取る

 糖尿病管理に運動療法は欠かせないが,慢性的な運動不足に陥っている患者も多く,特に下腿のこむら返りや足関節の可動域制限(以下,下腿症状)により,運動が困難な例も見られる。東京医科大学八王子医療センター糖尿病・内分泌・代謝内科の天川淑宏氏は,下腿症状のある糖尿病患者に下腿筋膜リリース(Myofascial Release;MR)を施行した結果,身体活動量が平均17%増加した他,体重減少,HbA1c値の改善などが見られたと第50回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会(1月16~17日,会長=東京医科大学糖尿病・代謝・内分泌・リウマチ・膠原病内科学主任教授・小田原雅人氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  話題の「筋膜リリース」が糖尿病にも効果

error in template: found but mtif was expected