メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  冠動脈疾患患者が来たら「靴を脱いでもらう」時代に?!

冠動脈疾患患者が来たら「靴を脱いでもらう」時代に?!

レパーサ承認プレス・カンファレンス

 2016年02月10日 17:20
プッシュ通知を受取る

 これまで,日本では少ないと考えられていた家族性高コレステロール血症(FH)。意外に診断率が低かったことが最近の研究で明らかになっているようだ。新たな機序を有する脂質異常症治療薬PCSK9阻害薬エボロクマブ(商品名レパーサ)の国内承認を受け,アステラス・アムジェン・バイオファーマが2月8日にプレスカンファレンスを開催(関連記事)。専門家らが心血管ハイリスク例の管理やFH診療の現状,エボロクマブ導入に当たっての現時点の考え方などを示した。ところで,ガイドライン(GL)ではFHの診断基準の1つにアキレス腱肥厚が挙げられている。読者の先生は来院した冠動脈疾患患者の踵をチェックしたこと,ありますか?

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  冠動脈疾患患者が来たら「靴を脱いでもらう」時代に?!

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06038392 有効期限:6月末まで