メニューを開く 検索を開く ログイン

老いて弱っても生活者として暮らせる地域を

 2016年02月12日 11:40
プッシュ通知を受取る

辻氏 東京大学高齢社会総合研究機構特任教授の辻哲夫氏は,柏市においてAging in placeの理念を実現するため"柏プロジェクト"を行っている。Aging in placeとは「住み慣れた地域で最後まで暮らす」という理念であり,「医学・医療に基盤を置くまちづくり」(Medicine-Based Town:MBT)の考え方とは重なり合う部分が多い。そこで1月21日に開催されたMBTコンソーシアム研究会設立記念シンポジウムから,柏プロジェクトの現状と展望を紹介する。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  老いて弱っても生活者として暮らせる地域を