メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  米コホート研究でも30年間認知症患者が減少

米コホート研究でも30年間認知症患者が減少

フラミンガム心臓研究

 2016年02月12日 17:30

 日本を含む各国で,高齢人口の増加に伴う認知症の疾病負担増大が懸念されている。しかし,2月11日に発表されたフラミンガム心臓研究(Framingham Heart Study;FHS)によると,1970年代から2000年までの認知症の罹患率が減少し続けていたことが分かった(N Engl J Med 2016 ; 374: 523-532)。報告者の米・Boston University Schools of Medicine のClaudia L. Satizabal氏らは「血管性認知症に関連する脳・心血管疾患の減少だけでは説明できず,その他の要因はまだ分からない」と述べている。実はオランダのロッテルダム研究(Neurology 2012; 78: 1456-1463)など,一部の先進国では認知症の罹患率が減少傾向にあることが示唆されてきた。研究者らは,そのたびに予想と逆の結果に驚いたり,首をかしげたりしてきたようだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  米コホート研究でも30年間認知症患者が減少

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10038409 有効期限:10月末まで