メニューを開く 検索を開く ログイン

米コホート研究でも30年間認知症患者が減少

フラミンガム心臓研究

 2016年02月12日 17:30
プッシュ通知を受取る

 日本を含む各国で,高齢人口の増加に伴う認知症の疾病負担増大が懸念されている。しかし,2月11日に発表されたフラミンガム心臓研究(Framingham Heart Study;FHS)によると,1970年代から2000年までの認知症の罹患率が減少し続けていたことが分かった(N Engl J Med 2016 ; 374: 523-532)。報告者の米・Boston University Schools of Medicine のClaudia L. Satizabal氏らは「血管性認知症に関連する脳・心血管疾患の減少だけでは説明できず,その他の要因はまだ分からない」と述べている。実はオランダのロッテルダム研究(Neurology 2012; 78: 1456-1463)など,一部の先進国では認知症の罹患率が減少傾向にあることが示唆されてきた。研究者らは,そのたびに予想と逆の結果に驚いたり,首をかしげたりしてきたようだ。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  米コホート研究でも30年間認知症患者が減少