メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  FDG-PET/MRIが大腸がん局所再発診断に有効

FDG-PET/MRIが大腸がん局所再発診断に有効

明瞭な病変描出で正確な術前・再発診断

 2016年02月13日 07:00
プッシュ通知を受取る

 フルオロデオキシグルコース(FDG)-PETと高分解能MRI画像を同時に撮影できる新たな一体型の画像診断装置FDG-PET/MRIが登場し,がん診療に広く用いられるようになったことで,大腸がんにおいても治療方針の決定に寄与する可能性が期待されている。福島県立医科大学器官制御外科の高和正氏は,第84回大腸癌研究会(1月15日,当番世話人=大腸肛門病センター高野病院理事長/院長・山田一隆氏)で「FDG-PET/MRIは従来の画像診断と比べて病変の描出が明瞭なため,直腸・肛門管がんの術前診断,再発診断に有用で,正しい治療方針の決定にもつながる」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

樹木希林や山本KIDなど著名人が相次いでがこの世を去った。先生はどんな最期を迎えたい?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  FDG-PET/MRIが大腸がん局所再発診断に有効

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09038401 有効期限:9月末まで