メニューを開く 検索 ログイン

滲出性中耳炎の診療GLが12年ぶりに改訂

米国耳鼻咽喉科頭頸部外科学会や米国小児科学会などが合同で

2016年02月15日 07:05

 米国耳鼻咽喉科頭頸部外科学会(AAO-HNSF)は米国家庭医学会(AAFP),米国小児科学会(AAP)と共同で作成した滲出性中耳炎に関する診療ガイドライン(GL)を2004年以来12年ぶりに改訂。ランダム化比較試験(RCT)などのエビデンスに基づき,滲出性中耳炎の治療にステロイド点鼻薬を使用すべきではないなどの勧告を新たに加えた。改訂GLの全文はOtolaryngol Head Neck Surg2016; 154: S1-S41)に掲載された。なお,同GLの対象は2カ月〜12歳の小児。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

経口中絶薬の服薬に「配偶者同意が必要」とする厚労省見解について

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  ガイドライン・診断基準 »  滲出性中耳炎の診療GLが12年ぶりに改訂

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD038399 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外