メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  非推奨勧告でPSA検査が全体的に減少

非推奨勧告でPSA検査が全体的に減少

ただし減少率は泌尿器科医と一般医で異なる

 2016年02月15日 17:00
プッシュ通知を受取る

 早期前立腺がん検出における前立腺特異抗原(PSA)検査の有用性に関しては,賛否両論がある。反対の立場の代表は,米国予防医療サービス対策委員会(USPSTF)が2012年に発表した,ルーチンのPSA検査は年齢を問わず推奨されないとする勧告だが,米・Brigham and Women's HospitalのQuoc-Dien Trinh氏らは,この勧告後のPSA検査率の変化を,泌尿器科医とプライマリケア医の受診者で比較。その結果,両者の間に著明な差があることが分かったとJAMA Intern Med2016年2月8日オンライン版)のLetterで報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今春導入された「妊婦加算」。背景に妊婦の診療を避けたがる医師心理?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  非推奨勧告でPSA検査が全体的に減少

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09038408 有効期限:9月末まで