メニューを開く 検索 ログイン

非推奨勧告でPSA検査が全体的に減少

ただし減少率は泌尿器科医と一般医で異なる

2016年02月15日 17:00

 早期前立腺がん検出における前立腺特異抗原(PSA)検査の有用性に関しては,賛否両論がある。反対の立場の代表は,米国予防医療サービス対策委員会(USPSTF)が2012年に発表した,ルーチンのPSA検査は年齢を問わず推奨されないとする勧告だが,米・Brigham and Women's HospitalのQuoc-Dien Trinh氏らは,この勧告後のPSA検査率の変化を,泌尿器科医とプライマリケア医の受診者で比較。その結果,両者の間に著明な差があることが分かったとJAMA Intern Med2016年2月8日オンライン版)のLetterで報告した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

先生の1日の平均睡眠時間は?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  非推奨勧告でPSA検査が全体的に減少

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD038408 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外