メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  皮膚へのアプローチこそ食物アレルギー対策

皮膚へのアプローチこそ食物アレルギー対策

 2016年02月16日 07:00
プッシュ通知を受取る

 食物によるアレルギーやアナフィラキシーの発症増加が複数の疫学調査で明らかとなり,社会問題となっている。しかし,食物アレルギーの原因は多岐にわたること,確定診断で用いる経口負荷試験はスクリーニングでの実施が難しいことなどから,正確な有症率の把握は困難である。アレルギー疾患の発症原因を明らかにする必要がある中,最近では調理師などが食物をアレルゲンとした皮膚アレルギーに続発して食物アレルギーを発症するという,経皮感作による発症例が報告されていることから,食物アレルギー対策として皮膚へのアプローチが注目されている。生後早期からのスキンケアの有用性など,最新知見について国立病院機構三重病院臨床研究部アレルギー疾患治療研究室室長の長尾みづほ氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

8K内視鏡が初めて国内発売。先生は使いたい?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  皮膚へのアプローチこそ食物アレルギー対策

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P04038417 有効期限:4月末まで