メニューを開く 検索

皮膚へのアプローチこそ食物アレルギー対策

2016年02月16日 07:00

 食物によるアレルギーやアナフィラキシーの発症増加が複数の疫学調査で明らかとなり,社会問題となっている。しかし,食物アレルギーの原因は多岐にわたること,確定診断で用いる経口負荷試験はスクリーニングでの実施が難しいことなどから,正確な有症率の把握は困難である。アレルギー疾患の発症原因を明らかにする必要がある中,最近では調理師などが食物をアレルゲンとした皮膚アレルギーに続発して食物アレルギーを発症するという,経皮感作による発症例が報告されていることから,食物アレルギー対策として皮膚へのアプローチが注目されている。生後早期からのスキンケアの有用性など,最新知見について国立病院機構三重病院臨床研究部アレルギー疾患治療研究室室長の長尾みづほ氏に聞いた。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]8月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

コロナ第7波到来。今年のお盆の予定は...

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  皮膚へのアプローチこそ食物アレルギー対策