メニューを開く 検索を開く ログイン

皮膚へのアプローチこそ食物アレルギー対策

 2016年02月16日 07:00
プッシュ通知を受取る

 食物によるアレルギーやアナフィラキシーの発症増加が複数の疫学調査で明らかとなり,社会問題となっている。しかし,食物アレルギーの原因は多岐にわたること,確定診断で用いる経口負荷試験はスクリーニングでの実施が難しいことなどから,正確な有症率の把握は困難である。アレルギー疾患の発症原因を明らかにする必要がある中,最近では調理師などが食物をアレルゲンとした皮膚アレルギーに続発して食物アレルギーを発症するという,経皮感作による発症例が報告されていることから,食物アレルギー対策として皮膚へのアプローチが注目されている。生後早期からのスキンケアの有用性など,最新知見について国立病院機構三重病院臨床研究部アレルギー疾患治療研究室室長の長尾みづほ氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  皮膚へのアプローチこそ食物アレルギー対策