メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  大腸がん対策の鍵は苦痛少ない新たな精検法

大腸がん対策の鍵は苦痛少ない新たな精検法

日本総合健診医学会第44回大会

 2016年02月16日 07:10
プッシュ通知を受取る


 わが国の大腸がん患者は増え続けており,2015年に罹患者数は第1位,死亡者数は肺がんに次いで第2位と予測されている。日本総合健診医学会第44回大会(1月29~30日,会長=聖路加国際大学/聖路加国際病院附属クリニック予防医療センター長・増田勝紀氏)のシンポジウム「大腸がん検診のあり方:便潜血検査のピットフォールと新たなスクリーニング方法」で,福井県健康管理協会副理事長/県民健康センター所長の松田一夫氏が基調講演を行い,わが国の便潜血検査の受診率と精検受診率が低いことが大腸がんが増え続ける一因だとし,精検受診率が改善するような苦痛の少ない新たな検査法への期待を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

東京五輪のマラソンを札幌開催へ

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  大腸がん対策の鍵は苦痛少ない新たな精検法

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10038418 有効期限:10月末まで