メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  夜間の光曝露でうつ症状リスクが増大

夜間の光曝露でうつ症状リスクが増大

平城京コホートの縦断研究

 2016年02月17日 07:00
プッシュ通知を受取る

 低照度の光でも夜間にそれに曝露している人ではうつ症状を発症するリスクが有意に増大することが分かった。奈良県立医科大学地域健康医学講座の大林賢史氏が,第26回日本疫学会学術総会(1月21〜23日,学会長=鳥取大学健康政策医学分野教授・黒沢洋一氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

オリンピックまで2年、炎暑の東京でマラソン―

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  夜間の光曝露でうつ症状リスクが増大

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P07038413 有効期限:7月末まで