メニューを開く 検索を開く ログイン

夜間の光曝露でうつ症状リスクが増大

平城京コホートの縦断研究

 2016年02月17日 07:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 低照度の光でも夜間にそれに曝露している人ではうつ症状を発症するリスクが有意に増大することが分かった。奈良県立医科大学地域健康医学講座の大林賢史氏が,第26回日本疫学会学術総会(1月21〜23日,学会長=鳥取大学健康政策医学分野教授・黒沢洋一氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  夜間の光曝露でうつ症状リスクが増大