メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

未熟児への最適な酸素飽和度は?

RCTで2群比較,死亡と障害発生リスクを検討

 2016年02月17日 13:45
プッシュ通知を受取る

 未熟児に対し安全な酸素飽和度がどの程度かについては議論が続いている。オーストラリアと英国で行われた2件の試験(BOOST-)で,妊娠28週未満で生まれた児を,目標酸素飽和度が低めの群と高めの群にランダム割り付けし,転帰が検討された。その結果,両試験とも目標酸素飽和度が低い群で有意ではないものの2年後の死亡または障害発生リスクが高い傾向が認められ,両試験を合わせた事後解析では有意なリスク上昇が見られた。詳細は,N Engl J Med2016年2月10日オンライン版)に掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  未熟児への最適な酸素飽和度は?

error in template: found but mtif was expected