メニューを開く 検索を開く ログイン

神澤輝実氏がLancetの膵臓がん"総括者"に

 2016年02月18日 07:00
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 日本人医師が膵臓がんに関する最新知見を総括したseminarがLancet 1月29日オンライン版に掲載された。Lancetが2015年から開始した新規プロジェクトは,幾つかの重要疾患に関して責任者を指名し,その疾患に関する最新知見をその責任者がseminarとしてまとめるというもの。今回のseminarでは,膵臓がんの責任者に指名されたがん・感染症センター都立駒込病院副院長で消化器内科部長の神澤輝実氏が,米・Johns Hopkins 大学のLaura D. Wood氏,東京医科大学消化器内科准教授の糸井隆夫氏,京都大学大学院外科学講座肝胆膵・移植外科分野の高折恭一氏らとともに膵臓がんの疫学,リスク因子,診断,治療に関する最新の知見をまとめた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  神澤輝実氏がLancetの膵臓がん"総括者"に