メニューを開く 検索を開く ログイン

タイからの個人輸入サプリ使用で入院

厚労省などが注意喚起

 2016年02月19日 13:40
プッシュ通知を受取る

 厚生労働省と千葉県健康福祉部は2月18日,個人輸入の無承認無許可医薬品を使用した20歳代の女性が排尿困難,意識障害,手足の震えなどの症状で入院していたと発表した。女性はタイからの個人輸入で「ホスピタルダイエット」と呼ばれる8種類のカプセルと錠剤を使用していた。同名の製品についてはこれまでに死亡事例も報告されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  タイからの個人輸入サプリ使用で入院