メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  HIV関連神経認知障害の実態に迫る

HIV関連神経認知障害の実態に迫る

感染者の高齢化でクローズアップ

 2016年02月20日 07:00
プッシュ通知を受取る

 HIV感染症が慢性疾患になったことで,感染者の高齢化が進む一方,海外の報告では感染者の約半数になんらかの認知機能障害が見られることが明らかになっている。これらの病態はHIV関連神経認知障害(HIV-associated neurocognitive disorders;HAND)と呼ばれるが,いまだ不明な点も多い。最新の知見からその実態に迫った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

プロ野球春季キャンプ中!今年の優勝予想チームは?(セ・リーグ編)

ホーム »  ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  HIV関連神経認知障害の実態に迫る

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02038444 有効期限:2月末まで