メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  スポーツ脳震盪例の頭痛の持続時間は?

スポーツ脳震盪例の頭痛の持続時間は?

新しい診断基準による評価

 2016年02月22日 16:45
プッシュ通知を受取る

 スポーツによる脳震盪に伴う症状の1つに頭痛がある。東邦大学医療センター大橋病院脳神経外科講師の中山晴雄氏らは,米・University of California, Los Angeles(UCLA)のChristopher Giza氏らが提唱するスポーツ脳震盪の新しい診断基準を用いて,脳震盪に伴う頭痛を評価した結果,明らかな脳震盪例では疑い例に比べて頭痛の持続時間が短いことが明らかになった,と第21回日本脳神経外科救急学会(1月29~30日,会長=日本大学医学部脳神経外科教授・平山晃康氏)のシンポジウム「スポーツ頭部外傷:最新の知見」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  スポーツ脳震盪例の頭痛の持続時間は?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08038376 有効期限:8月末まで