メニューを開く 検索 ログイン

植物ホルモンがミトコンドリア病の進行抑制

希少・難治性疾患-4

2016年02月22日 07:10

阿部氏 ミトコンドリア病はミトコンドリアの機能障害によって幼少期から重篤な障害を生じ死亡率が高いが,これまで有効な治療法はなかった。東北大学の研究グループは植物ホルモンの1種が同疾患の進行を抑制することを発見し,その誘導体である新規化合物mitochonic acid 5(MA-5)を開発したことを報告した(J Am Soc Nephrol 2015年11月25日オンライン版)。同疾患に対する世界初かつ日本発の新規治療薬として期待されている。同大学大学院病態液性制御学分野教授の阿部高明氏に聞いた。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

コメント機能は医師会員限定です

コメントの閲覧・書込みは医師会員限定となっております。

新規登録はこちら

ワンクリックアンケート

ビールの苦み成分ホップが精神衛生に良いとの報告。食生活に生かす?

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  植物ホルモンがミトコンドリア病の進行抑制

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで