メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

低体温症死亡例の8割は原疾患が原因

Hypothermia STUDY 2014中間報告

 2016年02月23日 07:00
プッシュ通知を受取る

 日本救急医学会熱中症に関する委員会(委員長=都立多摩総合医療センター救命救急センター長・清水敬樹氏)が行った低体温症に関する全国調査Hypothermia STUDY 2014の中間報告によると,救急搬送された低体温症例の3割が死亡し,そのうち8割が感染症,脳血管障害,心疾患などの原疾患によるものであることが分かった。同委員会委員の神田潤氏(同大学救急医学講座)が,第43回日本集中治療医学会(2016年2月11~14日,会長=徳島大学大学院救急集中治療医学教授・西村匡司氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  低体温症死亡例の8割は原疾患が原因

error in template: found but mtif was expected