メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

低線量CT検診で肺がん死亡38%減少

日立市コホート研究

 2016年02月23日 16:40
プッシュ通知を受取る

 茨城県日立市では,1998年から職域,2001年から地域検診・人間ドックで低線量CT(LDCT)による胸部検診が導入され,2006年3月までに市民の30%が最低1回は受診している。日立製作所日立総合病院呼吸器内科主任医長の名和健氏は,受診者の予後〔9.2±2.4年(SD),中央値9.0年〕を追跡するコホート研究の結果,LDCT検診受診者では単純X線(以下,X線)検診受診者に比べ,38%の肺がん死亡低減が見られたと第23回日本CT検診学会学術集会(2月12~13日,大会長=国立がん研究センター東病院呼吸器内科/臨床情報科長・大松広伸氏)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  低線量CT検診で肺がん死亡38%減少

error in template: found but mtif was expected