メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  低線量CT検診で肺がん死亡38%減少

低線量CT検診で肺がん死亡38%減少

日立市コホート研究

 2016年02月23日 16:40
プッシュ通知を受取る

 茨城県日立市では,1998年から職域,2001年から地域検診・人間ドックで低線量CT(LDCT)による胸部検診が導入され,2006年3月までに市民の30%が最低1回は受診している。日立製作所日立総合病院呼吸器内科主任医長の名和健氏は,受診者の予後〔9.2±2.4年(SD),中央値9.0年〕を追跡するコホート研究の結果,LDCT検診受診者では単純X線(以下,X線)検診受診者に比べ,38%の肺がん死亡低減が見られたと第23回日本CT検診学会学術集会(2月12~13日,大会長=国立がん研究センター東病院呼吸器内科/臨床情報科長・大松広伸氏)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

PickUpコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

日産・ゴーン会長逮捕

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  低線量CT検診で肺がん死亡38%減少

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P11050008 有効期限:11月末まで