メニューを開く 検索を開く ログイン

高用量ビタミンD投与で高齢者の転倒が増加

 2016年02月24日 07:00
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 高齢者への高用量ビタミンD投与に有意な下肢機能改善効果は見られず,むしろ転倒のリスクが高まったとする研究結果が,スイス・University of ZurichのBischoff-Ferrari HA氏らによりJAMA Intern Med2016; 176: 175-183)に発表された。

(Thinkstock/Getty Images)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  高用量ビタミンD投与で高齢者の転倒が増加

error in template: found but mtif was expected