メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  高用量ビタミンD投与で高齢者の転倒が増加

高用量ビタミンD投与で高齢者の転倒が増加

2016年02月24日 07:00

5名の医師が参考になったと回答 

 高齢者への高用量ビタミンD投与に有意な下肢機能改善効果は見られず,むしろ転倒のリスクが高まったとする研究結果が,スイス・University of ZurichのBischoff-Ferrari HA氏らによりJAMA Intern Med2016; 176: 175-183)に発表された。

(Thinkstock/Getty Images)

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  高用量ビタミンD投与で高齢者の転倒が増加