メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

若手だけでは限界―献眼の摘出体制見直しを

角膜カンファランス2016

 2016年02月26日 07:00
プッシュ通知を受取る

 全国には54のアイバンクがあり,そのうち愛知県アイバンクは静岡県と並んで献眼数・献眼者数の多いアイバンクである。藤田保健衛生大学坂文種報德會病院眼科教授の平野耕治氏は,愛知県アイバンクでの献眼者数,献眼数について調査を行い,眼球摘出を担う大学病院の若手眼科医の負担軽減のため,市中病院の勤務医や開業医も待機に入るなどシステムの見直しを提案した。角膜カンファランス2016(第40回日本角膜学会総会/第32回日本角膜移植学会,2月18~20日,会長=北里大学眼科教授・清水公也氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  若手だけでは限界―献眼の摘出体制見直しを

error in template: found but mtif was expected