メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  Ca多量摂取者はADLが低下しにくい

Ca多量摂取者はADLが低下しにくい

大規模コホートNIPPON DATA90の解析

 2016年02月29日 07:10
プッシュ通知を受取る

 日常生活動作(ADL)低下の要因として脳血管疾患や骨折がある。先行研究ではカルシウム(Ca)摂取増加によりそれらのリスクが低下することが報告されているが,Ca摂取量とADLとの関連を検討した研究は限られている。そこで,東北大学大学院個別化予防・疫学分野の小暮真奈氏らは,大規模コホートNIPPON DATA 90のデータを用いたコホート内症例対照研究を行い,ベースライン時のCa摂取量が多い群では10年後のADL低下リスクが有意に低い負の関連が見られたことを,第26回日本疫学会学術総会(1月21〜23日,学会長=鳥取大学健康政策医学分野教授・黒沢洋一氏)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  Ca多量摂取者はADLが低下しにくい

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06050018 有効期限:6月末まで