メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ピオグリタゾンに脳梗塞再発予防の効果

ピオグリタゾンに脳梗塞再発予防の効果

対象はインスリン抵抗性有する非糖尿病患者

 2016年02月29日 14:45
プッシュ通知を受取る

 米・Yale University教授のWalter N. Kernan氏らは,糖尿病ではないがインスリン抵抗性を有する,脳梗塞または一過性脳虚血発作(TIA)既往患者約4,000例を対象に,インスリン抵抗性改善薬ピオグリタゾンの再発予防効果をプラセボ対照試験で検討した結果,中央値4.8年の追跡で,ピオグリタゾン群において脳卒中または心筋梗塞の有意な低下が認められたとN Engl J Med2016年2月17日オンライン版)と国際脳卒中学会(ISC 2016;2月17~19日,ロサンゼルス)で同時報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「即位の礼」恩赦が約55万人。先生はどう思う?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  ピオグリタゾンに脳梗塞再発予防の効果

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P10050024 有効期限:10月末まで