メニューを開く 検索 ログイン

痛風・核酸代謝研究の10の未解決問題

鎌谷直之氏が第49回日本痛風・核酸代謝学会で提示

2016年03月01日 07:00

イメージ画像

鎌谷直之氏  近年,痛風・核酸代謝研究の分野では,高尿酸血症の原因遺伝子や環境要因の解明の他,新薬の開発など多くの成果が出ている一方で,いまだ解決されていない問題も多い。第49回日本痛風・核酸代謝学会総会(2月18〜19日,会長=国立循環器病研究センター分子生物学部長・森崎隆幸氏)で,東京女子医科大学膠原病リウマチ痛風センター客員教授の鎌谷直之氏が,今後特に解明の待たれる10項目の未解決問題を提示した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  痛風・核酸代謝研究の10の未解決問題