メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

【検証】SGLT2阻害薬の皮膚症状の謎

 2016年03月02日 07:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 2014年,新しい作用機序を有する抗糖尿病薬として5剤が相次いで登場したSGLT2阻害薬。ところが,発売直後から副作用報告が相次ぎ,2カ月後には専門家による委員会が適正使用を訴えるrecommendationを出す(6月策定,8月改訂)異例の展開となった。特に,皮膚症状は服用例の1%に見られるとされており,その頻度の高さとメカニズムをめぐる謎が注目を集めている。長期処方が可能となって半年経った現時点で,recommendation作成に携わった東京大学大学院皮膚科学教授の佐藤伸一氏,薬疹に詳しい昭和大学皮膚科教授の末木博彦氏,SGLT2阻害薬の皮膚移行性を検討した京都薬科大学薬物動態学分野教授の栄田敏之氏に現在の問題点と今後の課題を訊いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  【検証】SGLT2阻害薬の皮膚症状の謎

error in template: found but mtif was expected