メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  トロンボモジュリンで敗血症性DICの死亡が減少

トロンボモジュリンで敗血症性DICの死亡が減少

J-SEPTIC DIC study報告

 2016年03月03日 07:15

 海外とは異なり,わが国の重症敗血症診療ガイドライン(GL)では,敗血症性播種性血管内凝固症候群(DIC)に対する抗凝固療法が記載されている。しかし同療法のエビデンスは限定的であり,現在改訂中の「日本版重症敗血症診療ガイドライン2016」でどう推奨されるかが注目される。わが国の重症敗血症3,000例超における抗凝固療法による予後を評価した後ろ向き試験J-SEPTIC DIC studyの結果から,リコンビナント・トロンボモジュリン(rhTM)製剤により約20%死亡リスクが減少することなどが分かった。北海道大学病院先進急性期医療センター救急科の早川峰司氏が,第43回日本集中治療医学会(2月11~14日,会長=徳島大学大学院救急集中治療医学教授・西村匡司氏)のシンポジウム「敗血症性DICにおける抗凝固療法の位置付け」で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2016年 »  学会レポート »  トロンボモジュリンで敗血症性DICの死亡が減少

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10500357 有効期限:10月末まで