メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  帝王切開児に腟液塗り付ける行為が流行?

帝王切開児に腟液塗り付ける行為が流行?

 2016年03月03日 07:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 経腟分娩で生まれる児は,産道でさまざまな細菌にさらされることにより,免疫力が高まるとされている。帝王切開児ではこうした恩恵が受けられないため,出産後すぐに母親の腟内を綿棒でこすり,綿棒に付着した腟液を新生児の口や目元,皮膚に塗り付ける"vaginal seeding"を要求する親が増えているという。エビデンスに欠けるこの行為について医療従事者はどう関わるべきか,英・Imperial College LondonのAubrey J. Cunnington氏らがBMJ2016年2月23日オンライン版)の論評で考察している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  帝王切開児に腟液塗り付ける行為が流行?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02500360 有効期限:2月末まで