メニューを開く 検索を開く ログイン

帝王切開児に腟液塗り付ける行為が流行?

 2016年03月03日 07:20
プッシュ通知を受取る

18名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 (c)Thinkstock/Getty Images

 経腟分娩で生まれる児は,産道でさまざまな細菌にさらされることにより,免疫力が高まるとされている。帝王切開児ではこうした恩恵が受けられないため,出産後すぐに母親の腟内を綿棒でこすり,綿棒に付着した腟液を新生児の口や目元,皮膚に塗り付ける"vaginal seeding"を要求する親が増えているという。エビデンスに欠けるこの行為について医療従事者はどう関わるべきか,英・Imperial College LondonのAubrey J. Cunnington氏らがBMJ2016年2月23日オンライン版)の論評で考察している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

6府県が月末に緊急事態宣言解除。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  帝王切開児に腟液塗り付ける行為が流行?