メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  日本から市販後臨床試験が消える?

日本から市販後臨床試験が消える?

企業の支援が激減し研究不足に

 2016年03月04日 07:00
プッシュ通知を受取る

中島氏 製薬企業の社員による論文不正事件以降,医学研究に関する国の倫理指針と規制が強化された。製薬企業からの研究助成金などの大幅削減が進み,研究者主導の臨床試験が実施困難となり,企業からの新規委受託研究も提案が皆無に近いという想定外の事態が発生している。また,特にがん領域では抗がん薬の多くが特許切れを迎えるため,企業からの積極的な支援や協力が得られにくく,日本から市販後臨床試験が消える可能性が危惧される。日本がん臨床研究推進機構副理事長の中島聰總氏に市販後臨床試験の現状と今後について聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今春導入された「妊婦加算」。背景に妊婦の診療を避けたがる医師心理?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  解説 »  日本から市販後臨床試験が消える?

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09500367 有効期限:9月末まで