メニューを開く 検索を開く ログイン

「反論あっても事実ならひるまず」受賞の門脇孝氏

第8回鈴木万平記念糖尿病国際賞

 2016年03月04日 17:40
プッシュ通知を受取る

 糖尿病学で独創的かつ卓越した業績を上げた国内外の研究者を顕彰する第8回鈴木万平記念糖尿病国際賞(主催=鈴木万平糖尿病財団)の表彰式が昨日(3月3日)東京都で行われた。受賞したのは,東京大学大学院糖尿病・代謝内科教授の門脇孝氏である。同日開かれた記者会見で同氏は,創薬の標的として解明が必要だったアディポネクチン受容体の膜蛋白質構造の発表をめぐり,大家からの反論が続いたことに触れ,何度も確認して結果に間違いがないのであれば,研究の進歩につながるチャンスであり,ひるんではいけないとの自身の研究姿勢を話した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  イベント »  「反論あっても事実ならひるまず」受賞の門脇孝氏

error in template: found but mtif was expected