メニューを開く 検索 ログイン

「反論あっても事実ならひるまず」受賞の門脇孝氏

第8回鈴木万平記念糖尿病国際賞

2016年03月04日 17:40

 糖尿病学で独創的かつ卓越した業績を上げた国内外の研究者を顕彰する第8回鈴木万平記念糖尿病国際賞(主催=鈴木万平糖尿病財団)の表彰式が昨日(3月3日)東京都で行われた。受賞したのは,東京大学大学院糖尿病・代謝内科教授の門脇孝氏である。同日開かれた記者会見で同氏は,創薬の標的として解明が必要だったアディポネクチン受容体の膜蛋白質構造の発表をめぐり,大家からの反論が続いたことに触れ,何度も確認して結果に間違いがないのであれば,研究の進歩につながるチャンスであり,ひるんではいけないとの自身の研究姿勢を話した。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

AIAIおすすめの記事もどうぞ

コメントは医師会員限定です

医師によるコメントは会員医師のみが閲覧することができます

新規登録はこちら

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

5月病の季節。周囲にいますか?

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  イベント »  「反論あっても事実ならひるまず」受賞の門脇孝氏

医師の方限定!
初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分ポイントをもれなく進呈

上記ボタンもしくは下記コードを登録時にご入力

MOD500406 有効期限:5月末まで

既に会員の方、過去に利用された方は対象外