メニューを開く 検索を開く ログイン

イプラグリフロジンの市販後調査が発表

「適正使用すれば他の糖尿病薬と同等の安全性」

 2016年03月04日 17:15
プッシュ通知を受取る

横手氏 2014年に,画期的な糖尿病治療薬として登場したにもかかわらず,発売後に次々と副作用が報告されたSGLT2阻害薬。3月3日,アステラス製薬主催の糖尿病治療薬イプラグリフロジン(商品名:スーグラ)高齢者特定使用成績調査「STELLA-ELDER」に関するプレスセミナーで,千葉大学大学院細胞治療内科学講座教授の横手幸太郎氏は,「同薬を使うべき患者を見極めることにより,他の糖尿病治療薬と同程度の安全性で有効に使用することができるのではないか」と述べた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  薬剤情報 »  イプラグリフロジンの市販後調査が発表