メニューを開く 検索を開く ログイン

ロボットが分身としてコミュニケーション

Rare Disease Day 2016

 2016年03月07日 07:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像

 難病を抱えている患者の代わりに「出社」したり,「登校」するロボット開発メーカーのオリィ研究所が開発した分身ロボット「Orihime」は,自宅や職場などにOrihimeを設置しPCやスマートフォンなどで遠隔操作することで,ロボットを自分に見立て,その場にいるかのように会話などのコミュニケーションができる分身ロボットである。2月29日,希少・難治性疾患患者のQOLの向上を目指すイベントRare Disease Day 2016(RDD2016)「世界希少・難治性疾患の日」で,同社代表の吉藤健太朗氏が講演し,「体が不自由であっても行きたいところに行き,会いたい人に会えて,社会に参加できる社会を目指したい」とOrihimeへの意気込みを語った。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  イベント »  ロボットが分身としてコミュニケーション