メニューを開く 検索 ログイン

2050年までに世界人口の半数が近視に

2016年03月08日 07:10

1名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 (c)ThinkStock/Getty Images

 オーストラリア・Brien Holden Vision InstituteおよびUniversity of New South WalesのBrien A. Holden氏らは,世界各国の住民研究のシステマチックレビューとメタ解析の結果,近視と強度近視の人は世界的に増えており,2050年までに世界で50億人が近視(うち10億人は強度近視)になる,10人に1人が失明のリスクを抱える,近視が永久的失明の主原因になるなどのデータが得られたことをOphthalmology2016年2月11日オンライン版)で報告した。著者らは,公衆衛生上の大きな問題だとして,包括的な眼科医療サービスを計画するなどの対策を求めている。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  健康・公衆衛生 »  2050年までに世界人口の半数が近視に