メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高齢男性の胃がん術後合併症はこれで予測可能?

高齢男性の胃がん術後合併症はこれで予測可能?

 2016年03月08日 07:15
プッシュ通知を受取る

 東京女子医科大学消化器外科の山田卓司氏らは,高齢男性の胃がん患者の術後合併症の発症予測には体筋肉率の評価が有用であることを,第31回日本静脈経腸栄養学会学術集会(2月25~26日,会長=久留米大学小児外科部門教授・田中芳明氏)のシンポジウム「高齢者における栄養学的リスクマネジメント」で報告した。侵襲時には生体内でアミノ酸が消費されるが,筋肉量が多いほど消費されるアミノ酸を筋蛋白から供給できるためであると推察している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

いよいよ開幕!2018FIFAワールドカップ。ズバリ優勝するのは?

ホーム »  医療ニュース »  2016年 »  学会レポート »  高齢男性の胃がん術後合併症はこれで予測可能?

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06500372 有効期限:6月末まで