メニューを開く 検索 ログイン

ADHD薬使用で小児の骨密度低下の懸念

米国整形外科学会年次集会

2016年03月08日 07:05

イメージ画像

 米国では,小児の注意欠如・多動性障害(ADHD)に対する治療薬の使用機会が増加,350万人が使用していると推計されている。米・US Army Institute of Surgical ResearchのJessica River氏らは,成長期の小児の同薬使用と骨密度の低下が関連していたとの新たな知見を米国整形外科学会(AAOS)年次集会(3月1~5日,オーランド)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]7月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

AIAIおすすめの記事もどうぞ

医師閲覧TOP10

ワンクリックアンケート

政府が日本版CDC「感染症危機管理庁」新設へ

トップ »  医療ニュース »  2016年 »  臨床医学 »  ADHD薬使用で小児の骨密度低下の懸念